2016年3月2日水曜日

英語の特長

動詞は、動詞的フレーズでもちろん使用されますが、それ以外のフレーズで、名詞的、形容詞的、副詞的に使われます。
つまり、動詞が、動詞ing、動詞ed, to 動詞 のかたちになり各々、名詞的、形容詞的、副詞的に使われます。
  • 動詞ing は、仕掛かり中、まさに今している状態。
  • 動詞ed は、られってしまった状態。
  • to 動詞は、頭に描いた世界の状態(未来ことなど)

前置詞や方位副詞は、空間や時間の方向を表します。これを使いこなすと英語ぽっくなりますし、英作文がらくになります。

0 件のコメント:

コメントを投稿